子供向けプログラミング教育に最適なスクラッチ(Scratch)とは?

scratch プログラミング教室
この記事は約4分で読めます。
ママ
ママ

子供のプログラミングでスクラッチ[Scratch]が良いって聞くけど、何が良いの?

2020年プログラミング教育が必修化になり、今や小学生からプログラミングを習う時代になりました。私達の時代では考えられませんよね?

そんな中、子供たちがプログラミングを学ぶ上でスクラッチ(Scratch)というプログラミングソフトが人気を集めています。この記事ではプログラミングを学ぶ上でスクラッチはどんなメリット・特徴があるか紹介していきたいと思います。

スクラッチはビジュアルプログラミング。子供でも楽しく分かりやすく学べる!

プログラミングという言葉を聞くと難しく感じますよね?
通常のプログラミングではコンピューターにやってもらいたい仕事(指示)を英語の構文を使って記述していきます。
ですが、子供にいきなり通常のプログラミングを教えるのは難しすぎます。

そこで、スクラッチは英語の構文を使わなくても同じように作れるビジュアルプログラミングという手法を採用しています。

ビジュアルプログラミングはブロックとして用意された命令文を組み合わせて、感覚的でかつ簡単にプログラムを作ることができます。

下の画像はビジュアルプログラミングと通常のプログラミングの比較です。
「猫が10歩動いてニャーと鳴く」命令をスクラッチと通常のプログラミングで作ってみました。
流石に小学生の子供が、いきなり通常のプログラミングに手を出すのは難しいですよね。
でも、スクラッチで作るのは簡単。
子供でもゲーム感覚で出来ます。ここがスクラッチの凄い所です!

ビジュアルプログラミングと通常のプログラミングの比較画像

子供向けプログラミング学習の初歩とスクラッチの相性が良い!

2020年小学校のプログラミング教育が必修化になりました。
では、プログラミング教育ではどんな授業が行われるのかご存知でしょうか?

実は、プログラミングの授業は、プログラミングの授業が単体で行われるのではなく、今まで学んできた教科(国語、算数、理科、社会、音楽など)と組み合わせて行われることになっております。

また、最初のプログラミング授業は小学1年生頃の国語の授業から行われることが多いようです。
※地域などによって差があるため絶対ではありません。

最初のプログラミング授業は主に要素分解系の課題が多いです。
要素分解といきなり言われても分かりませんよね。
具体的な課題としては「したことを思い出して書こう」などがあります。

この課題は、自分がしたこと、例えば「ご飯を食べる」という出来事で行った動作をカードに書いて、順番に並び替えながら文章を作っていく課題です。

ご飯を食べる動作の分解

この最初に習う授業はスクラッチと似ていませんか?
文章のブロックを組み合わせて目的を達成する工程はまさしく、スクラッチと相性がとても良いのです。

スクラッチはMIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した世界標準のプログラミング教育教材

スクラッチは世界的に有名なマサチューセッツ工科大学のメディアラボが開発したプログラミング学習用ソフトです。
150以上の国と地域で利用され、40以上の言語に対応しています。
スクラッチは主に8歳から16歳向けに設計されていますが、すべての年代の人々に使われています。
学校以外にも、博物館、美術館、図書館、公民館、コミュニティセンターなど、幅広い場所でスクラッチが広まっています。

またスクラッチは「すべての人にプログラミングを」という目的から生まれました。
スクラッチはプログラミングを学ぶだけではなく、問題への取り組み方やコミュニケーションの取り方など社会に役立つ様々なスキルを子供の早いうちから身につけることができるのです。

Programming for All (すべての人にプログラミングを)
コンピュータプログラムを作成する能力は、これからの社会において重要な位置を占めています。スクラッチ(Scratch)でプログラミングを学ぶということは、単にプログラムを作れるようなるのではなく、問題解決の取り組み方、プロジェクト設計、メンバーとのアイデア交換、などの重要な手段を学ぶということに繋がっています。

スクラッチは無料で使える。

MITが開発したスクラッチはパソコンさえあれば、無料で使うことができます。
また、スクラッチにはダウンロード版とWEB版があります。
WEB版は今お使いのwebブラウザからそのまま使用することが出来ます。
スクラッチWEB版はこちら

スクラッチには簡単なチュートリアルが用意されています。
ですが、プログラミングを学ぶためのカリキュラムがスクラッチ自体に用意されているわけではありません。

プログラミングを学ぶためには教材などの本を買って家庭ですすめるか、通信教材、またはプログラミング教室などがあります。

特にプログラミング教室は、わからない時に先生に聞ける点や友達と一緒に学べる(切磋琢磨)できる環境が整っているのは魅力的です。